女性の悩み解決

女性には特有の悩みがたくさんあります。肥満・更年期・妊娠・出産・生理などの悩みをこのサイトを通じて解決していきましょう

悩みを抱えている女性の写真

ダイエットのストレスで過食してしまうケース

最も一般的なダイエット法は現在でも食事制限です。
食べる量を減らせば、どんなに肥満体の方でも体重は落ちていきます。
あまり食べていないのに太るという方は多いですが、摂取カロリーの計算をするとカロリーオーバーになっているケースがほとんどです。

カロリーを大幅に減少させれば、体重は自然と落ちていきます。
ただし、食事制限だけのダイエット法はストレスが溜まりやすく、失敗のリスクが大きいので注意が必要です。
人間にとって食べられないストレスは相当なものであり、ある程度痩せたときに気持ちが緩んでドカ食いしてしまうケースが多いのです。
その後は過食を繰り返すようになり、あっという間に体重が戻っていくわけです。
これはリバウンドの典型ですが、過食をすることでさらに体重は増加していきます。
無理な食事制限によるダイエットはタンパク質を減少させるので、脂肪の燃焼力を低下させてしまいます。
以前よりも太りやすい体質になるなど、デメリットしか残らないのです。

食事制限のストレスから過食を引き起こす場合、回避する方法は食事制限を止めることです。
今まで通り食べながら、運動を取り入れて代謝を促進していくのが好ましいのです。
もしくは食べる量は現状維持しながら、低カロリー食材に変えていくのです。
たくさん食べながら痩せることができれば、ストレスは溜まらないのでリバウンドもしません。

そして、タンパク質は絶対に不足しないように注意が必要です。
タンパク質は筋肉の原料となるので、いわば脂肪を燃焼させる素のようなものです。
脂肪・糖質を減らすダイエットは効果的ですが、タンパク質の摂取量は減らしてはいけません。
カロリーなら何でも減らせばいいわけではないのです。